mercoledì 11 maggio 2016

Tesi di Laurea sull'Albergo diffuso di Chiharu Takeno


昨今消費市場において指摘される顧客の成熟化は、観光産業においても同様の傾向が見られる。消費者のニーズはより潜在的かつ複雑化している。経験重視の観光を望み、旅先での「本物」の経験を要求する観光客が増加している。一方、持続可能な観光の概念はこの業界でより確立された分野となった。農村観光は持続可能な観光産業として扱われる中、 観光客は農村に滞在することによって本物の田舎生活を経験できると期待できるため、注目されている。
アルベルゴ・ディフューゾは農村で宿泊施設を提供する、イタリアで発展したホスピタリティー産業の形態である。このホスピタリティーの形態において、観光客は旅先の地域独自の様式の家に滞在し、地元社会や文化と触れ合うため、「本物」であることはとりわけ重要である。アルベルゴ・ディフューゾのマーケティングデザインについて数少ない研究の調査が行われていると同時に、このサービスモデル特徴を理解することは、従来のマス・ツーリズムとは異なる新たな観光ビジネスのマーケティングに貢献するだろう。故に、この研究はこの観光モデルの戦略的構造を特定するために、サービス・ブループリントとカスタマー・リレーションシップ・マーケティングの概念に基づき、アルベルゴ・ディフューゾのサービススケープを分析する。この研究は対中小企業のマーケティングの概念的枠組みの研究分野を、彼らの経営戦略に取り入れるために高められるだろう。

この研究により、アルベルゴ・ディフューゾの事例は地域社会の特性に基づき、特有の、テーマや活動を提供していることが明らかになった。それはこの事例の決定的な特徴であり、その他の観光名所との差別化を可能にしている。観光客は地域独自の様式の家に宿泊し様々な地域活動に参加することによって本物の田舎生活を体験できる。サーブスブループリントを用いてこの研究事例を観察するためには、地域社会の活動を含めて分析しなければならない。また、カスタマー・リレーションシップ・マーケティング(CRM)のフレームワークをこの研究の分析に用いることは、サービス付加価値を創出するためにサービス過程のそれぞれの機能の理解を助けてくれる。しかし、バリュー・クリエーション・プロセス、マルチインテグレーション・プロセス、パフォーマンス・アセスメント・プロセスの3つのプロセスに地域社会の働きを含めて観察することなく、このフレームワークを応用することはできない。


There is a tendency that consumers have become more demanding and complex, which is also observed in tourism industry. The notable trend of demand of tourists is a growing number of experience conscious customers and they concern authenticity of traveling destinations. On the other hand, sustainable tourism has become significant established form in the tourism sector. While rural tourism is regarded as sustainable tourism, it receives increasing attentions as tourists might experience authentic rural lives. Albergo diffuso (AD) is a hospitality model, developed in Italy, which provides hotel service in rural areas. Authenticity is particularly important in this service because of the stay at local style houses and interaction between tourists and local communities and cultures. While few studies currently investigate into marketing design of AD, identification of the service model might be beneficial for marketing of new tourism trend that is different from conventional mass tourism. Therefore, this study evaluates servicescape of AD based on service blueprinting and the conceptual framework of customer relationship management (CRM) is adopted in order to identify the strategic framework for the case study. It could enhance the research area of the conceptual framework of marketing for small size organisations as to whether it can be also adopted to the strategic management of these businesses. This study reveals that the case study offers unique themes and activities based on the characteristics of the local areas and it is a core feature of this case study that enables them to differentiate themselves from other tourism destinations. Tourists can experience authentic rural life in villa
ges through the stay in the unique style of housings and involvement into various local activities. Service blueprinting for this case study needs to include local community’s action. Regarding adaptation of the strategic framework of CRM, the model helps to understand function of each element in order to create value. However, the framework cannot be adopted without the inclusion of local community in value creation process, multichannel integration process and performance assessment process.

Abstract della Tesi di Chiharu Takeno
http://www.albergodiffuso.com/tesi.html
chiharutakeno@hotmail.co.jp

Nessun commento:

Posta un commento